Tel.026-217-4681 受付時間 9:00~18:00
ホーム / ブログ / ホームページ / 「小規模事業者持続化補助金」でホームページを制作!

「小規模事業者持続化補助金」でホームページを制作!

2016.11.14
このエントリーをはてなブックマークに追加

「小規模事業者持続化補助金」制度でホームページ制作費用の補助が受けられます!

こんにちは。エヌスタイル マーケティング担当の清水です。

既にご存じの方もいらっしゃるかもしれませんが、2016年11月4日から、日本商工会議所による「平成28年度 小規模事業者持続化補助金」の公募がスタートました。簡単に言うと「不足しがちな広告費や宣伝費などの資金を、国が補助金として支援してくれる」という制度です。

ここでいう小規模事業というのは、文字通り規模が小さなお店や個人事業者のこと。小規模ですから資金はあまり多くないという方が多いと思います。ましてや、そこへお店の宣伝・広告や新規開拓となると、さらに費用がかかりますよね。

でも!この「小規模事業者持続化補助金」で国から補助金を受け取れたなら、あなたにとって大変力強い味方になってくれるでしょう。むしろ、この制度を利用しない手は無いといっても過言ではありません!個人的にも、是非ともやっておくべきだと思います。

それでは、そんな魅力いっぱいの「小規模事業者持続化補助金」について簡単に解説したいと思います。

「小規模事業者持続化補助金」制度とは?

先程も軽く触れましたが、小規模事業者持続化補助金とは、『小規模事業=規模が小さなお店や個人事業者』を対象として、チラシ、パンフレット、動画などの販促費用等の2/3を国が負担してくれる制度のことです。

小規模事業者の多くは資金が不足しています。そこで、実際にやってみたいと思う宣伝や販路開拓等の企画を、経営計画書に沿って実施する取り組みに対し、国が補助金を最大50万円まで補助してくれます。小規模ビジネスをされている方にとっては是非とも利用したい制度、それが「小規模事業者持続化補助金」なのです。

小規模事業者持続化補助金は、ホームページ制作に最適!

そして、この補助金の補助対象には「ホームページの新規作成」も該当します。もちろんホームページのリニューアルでもOK!

一般的にホームページの制作費用って高いというイメージがありますが、国が2/3を最大で50万円負担してくれるので、自己負担として残り1/3の25万円を出せば、最大で75万円もの資金が活用できます!75万円もあれば、十分すぎるほどの立派なホームページが作れます!

  • お店・自社のステータスとしてホームページを作りたかったけど、予算やコスト面で踏み出せなかった
  • ホームページは既に持っているが、今の時代に合わせて新しくリニューアルしたい
  • お店や自社製品をもっと有効的にPRする手段として、ホームページを活用したいと思っていた

こんな風に思っていた方はいらっしゃいませんか?敷居が高そうでこれまでなかなか手が出せなかったホームページ制作に、この補助金制度を利用してみませんか?
「小規模事業者持続化補助金」制度は、ホームページ制作と相性バツグンなのです!

補助金を受け取るにはどうすればいいの?

基本的な補助金受領までの流れ

「よーし、それならすぐにでも申請しよう!」と思っていらっしゃる方、ちょっと待ってください!

実は、申請をすれば誰でも50万円が補助されるのかというと、そうではないんですね。申請手続きに必要な所定の書式にて経営計画書・事業計画書を作成して、日本商工会議所による審査を通さなければなりません。

補助金受領までの流れは以下のようになります。

  • 1. 経営計画書・補助事業計画書の作成(
  • 2. 地域の商工会議所へ事業支援計画書の作成・交付を依頼(
  • 3. 送付締切までに日本商工会議所(補助金事務局)へ申請書類一式を送付
  • 4. 日本商工会議所による審査・採択・交付決定
  • 5. 交付決定後、販路開拓等の取り組み実施(
  • 6. 所定の期限までに実績報告書等の提出
  • 7. 日本商工会議所による報告書等の確認
  • 8. 報告書等の不足・不備がないことの終わり次第、補助金を請求・受領(精算払い)
  • 商工会議所の指導・助言を受けることが出来ます。

なお、既に着手済みの案件は補助の対象外となりますので、必ず申請を済ませて認証されてから着手するようにしてください。
また、パソコンなど汎用性があり、目的外使用になり得る物の購入費用は補助の対象外となります。

補助金受領対象者

卸売業・小売業 常時使用する従業員の数  5人以下
サービス業(宿泊業・娯楽業以外) 常時使用する従業員の数  5人以下
サービス業のうち宿泊業・娯楽業 常時使用する従業員の数 20人以下
製造業その他 常時使用する従業員の数 20人以下

ー引用元:日本商工会議所 平成28年度第2次補正予算 小規模事業者持続化補助金<一般型>

従業員数が5人以上の場合は?

上記の「補助金受領対象者」では、対象者は『従業員数が5人以下』となっているから、5人以上の場合は申請できないの?そんな疑問があるかと思います。

でも、ご安心ください。5名以上でも、ちゃんと対象となります。

ただし、「従業員数が5人以下の小規模事業者が優先的に採択される」ので、100%補助金が受領できるという保証はありません。それでもチャンスはありますので、ぜひ申請してみましょう。

申請書類について

補助金申請書類は、ご自身で作成する必要があります。ただ、書類の作成は意外と面倒で大変なので、お近くの商工会議所と相談して指導・助言を受けることが出来ます。なお、商工会議所に所属していなくても無料で相談に乗ってくれます。

申込み期限等

申込み受付開始

・平成28年11月4日(金)

日本商工会議所(補助金事務局)への申請書類一式の送付締切

・平成29年1月27日(金)

採択結果公表

・平成29年3月中旬頃を予定

補助事業実施期間

・交付決定通知書受領後から平成29年12月31日(日)まで

ご相談・お問い合わせ先

小規模事業者持続化補助金を使ってホームページ新規制作・リニューアルをお考えの方、まずはお気軽にご相談ください。

お問い合わせフォーム

いかがでしたか?小規模事業者にとっての強い味方「小規模事業者持続化補助金」について、少しでもその魅力がお分かりいただけたでしょうか?

上記の申込期限にもありますように募集期間は約3ヶ月弱ですが、書類の作成が意外と大変なのでそこそこの時間を要すると思います。
商工会議所へ無料で相談することはできますが、募集締切近くだと大変込み合う可能性もありますので相談はお早めに、余裕を持って書類を送付されることをオススメします。

もちろん、当社もお力になりますので、ご相談はお気軽に上記「お問い合わせフォーム」よりお問い合わせください。

人気の投稿

最近の投稿