N-STYLES株式会社

Webマーケティングのできる
Web制作会社

長野市のホームページ制作会社 N-STYLES株式会社(エヌスタイル株式会社

相談する
026-217-4681

Blog ブログ

2019/10/08
Webマーケティング

ランディングページの最適化(LPO)とページ作成のポイント

多くの企業やお店がわざわざ広告からの流入先にランディングページを設ける理由は、ランディングページが通常のページにはない有効性を持っているからです。

Webサイトに訪れるユーザーの約半数は、1ページ目で離脱してしまうことが殆どで、入力フォームまで到達するユーザーは、ほんの数パーセントにすぎません。

しかし、ランディングページは、ユーザが求めている情報が1ページに集約され、リンク先も入力フォームのみとなっているので、ユーザーの離脱を抑制することができます。

また、多くの流入元を持つ通常のページは、様々なユーザーニーズに対応するため、広く浅い作りになってしまいがちですが、ランディングページは、広告を介して流入する特定ユーザーにターゲットを絞って制作することができます。

そのため、ユーザーニーズとページ内容が合致していれば、高いコンバージョン率を実現させることが可能となります。

このような、ランディングページが持つ有効性を向上させ、調整や改善に取り組むことを「ランディングページ最適化(LPO)」と呼び、一般的に、ユーザーをスムーズに導くため、ライティングや導線、その他ポイントを調整をしたり、ミスマッチを減らすため、リンク元とページの関連性を改善する、などの施策が行われています。

ランディングページの最適化・LPOとは

ランディングページの最適化は、デザインや構成の異なるページでテストを行う手法と、ユーザー属性に合わせてコンテンツを配信する手法に大別されます。

テストに基づく最適化は、2パターンのページでテストを行う「A/Bテスト」と、複数のバリエーションを組み合わせてテストする「多変量テスト」があり、実際にユーザーが利用した結果を比較し、コンバージョン率が高いものを採用します。

多変量テストの方が、より多くの情報を得ることが可能となりますが、統計的に有意な結果を得るためには、膨大なトラフィックが必要となるほか、テスト時間や費用もかかるため、サイト規模や予算などを考慮して、2つのテストが使い分けられています。

また、検索ワードや地理情報、過去の購買記録、閲覧パターン、閲覧環境など、ユーザー属性に合わせて最適なコンテンツを配信する手法は、ターゲティングLPOなどと呼ばれており、様々なコンサルティング会社から、便利なLPOツールが提供されています。

ランディングページのフォームの最適化も重要

これらに加え、ランディングページ内やリンク先のお問い合わせフォームも重要です。

入力項目が多すぎる、仕様がわかりづらい、などの理由からストレスを感じ、途中で離脱しないように、調整や改善に取り組む必要があります。KPIや目標であるコンバージョン数を達成できるように改善する事が重要です。

LPOはランディングページのページ最適化だけではないのです。

[PR] 」プリント基板設計・機構設計なら長野「株式会社クオン電子」

ランディングページ作成のポイント

ポイント① 適切なキーワードの選定

検索エンジンに入力するキーワードと連動させ、ユーザーニーズに沿ったランディングページを提示することで、コンバージョンの向上を実現することができます。
キーワードの需要や競合性を念入りに調査し、適切なキーワードを選定しましょう。

ポイント② 第一印象を大切にする

ランディングページのユーザー評価は、ファーストビューに表示される部分を見て、ほんの数秒で判断が下されます。
そのため、写真やキャッチコピー、短い文章を駆使して、商品の概要やメリット、信頼度、権威性を分かりやすく伝える必要があります。

ポイント③ アクションボタンの位置

入力フォームへ導くアクションボタンは、複数配置することが常識となっていますが、ユーザーの目線は画面上部に集中する傾向があるため、ファーストビューに必ず1つアクションボタンを設置するように心がけてください。

ポイント④ テキスト部分のクオリティ

写真がメインとなりがちなランディングページですが、コンバージョンを上げるためには、ある程度のテキスト量は必要となります。
見出し文字のサイズを大きくしたり、行間に余白をとるなどして、ユーザーが読みやすい魅力的なテキストを作成しましょう。

ポイント⑤ アクセスログを解析する

ランディングページの問題点や、ユーザー行動のパターンを認識するためには、定期的なアクセスログの解析が必要不可欠です。
解析からユーザー像の絞り込みや、導線設計の強化を図り、ユーザー目線で最適化を進めることが大切です。

 

検索エンジン最適化(SEO)と同じように、ランディングページ最適化も継続性が求められます。

ライバルサイトも参考にしつつ、テスト結果やアクセスログを解析し、ランディングページの有効性を最大限に活かす、貴社の成功要因を導き出しましょう。


トップページへ戻る